つるかめ訪問看護ステーションは、諏訪市、茅野市、岡谷市、原村、富士見町で訪問看護サービスを提供しています。

お知らせ&ブログ

News&Blog

感染対策の講習会

本日は日頃からお世話になっております。

グループホームさんでノロウイルスなど発生時に備えて、事前に対策方法やガウンテクニックの講習をご依頼をいただきました。普段から勉強熱心な姿勢に頭が下がります。

講習は定期の訪問の際にお時間をいただきまして、各フロアごとにスタッフさんに集まってもらい、当ステーションの看護師よりガウンテクニックや吐物の処理方法などをご説明させていただきました。

ガウンの着脱も生身の部分で以下にして触れない様にするかなど実演し、汚染物の処理方法までの流れを見て頂きました。

実際の現場でどこまで冷静に対応できるか分からないという意見もありましたが、本日ガウンの着脱など行った事で緊急時に少しでもお役にたてればうれしく思います。

 

 


新年あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます!

皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きありがとうございます。

新たな年を迎えましたが、今もなお新型コロナウイルスは猛威をふるっており、その他感染症などの話も耳にされ、まだまだ油断できない状態が続いております。

そんな状況でも利用者さまの在宅での生活が充実できるように、本年も更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

また、利用者さまご家族さまが在宅療養を継続できますよう、2024年もより精進し頑張っていきたいと思います。

皆様の今年一年のご多幸を心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

つるかめ訪問看護ステーション

スタッフ一同


新メンバーの河西です。

7月から新しく入りました理学療法士の河西と申します。

茅野市の山で生まれ、山で育ちました。大人になってから地元の大自然の魅力に気づき、今では休日になると山や湖に出かけることが増えました。

また、昔ながらのことに興味があり畑仕事をしたり、梅干しや漬け物を作ったりすることも好きです。

今はお味噌作りに挑戦したいと考えています。ぜひ、皆さまの昔ながらの知恵など、ご一緒にお話しできれば幸いです。

皆さまが心も体も健やかに1日1日を過ごせるよう、お手伝いさせていただけたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


新メンバーの山寺です。

8月から新しく入りました作業療法士の山寺と申します。

二人の怪獣を育てながら働いています。年齢は秘密です。

作業療法士として、その方らしい生活をサポートさせていただけたらと思っています。

早く慣れるように頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 


新メンバーの田嶋です。

7月から新しくつるかめ訪問看護ステーションに入りました理学療法士の田嶋です。千葉県出身の29歳です。

昨年まで東京に住んでいましたが、今年3月から下諏訪町に移住し、新生活がスタートしました。

リハビリの仕事を続けたいという思いと、趣味だった革細工を少しずつ仕事にしたいという思いのなか、どうしていこうかと考えていたところ、それぞれの生活に合わせて働けるつるかめ訪問看護ステーションをみつけました。

今は理学療法士と革細工の二刀流で、日々、こつこつ励んでおります。

未熟者ではありますが、よろしくお願いいたします。

 

 


黄砂の季節がやってきました。

桜が散って徐々に暖かくなる、この時期にPM2.5と黄砂の飛んでくる時期となりました。

 

PM2.5とは、ガソリンやストーブなどの燃料を燃やした際に2.5㎛以下の細か粒子でいわゆる大気汚染物質のようなものだそうです。

黄砂は中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠・ゴビ砂漠などの砂が風によって運ばれてくる現象。

コロナも少し落ち着いて来たところ、世間的にマスクも外す人が増えてきた中、またしばらくマスクのお世話になる期間となりました。

洗濯物も外に干せずに、車も黄色くなるわ、まさに百害あって一利なしですね。

週末には黄砂の第二派がくるだかこないだか、今のところ予報みると微妙にずれてますので

このままいって欲しいと願います。


春のリハビリ

桜の季節から新緑の季節への移り変わりを感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか??

今回は訪問でのリハビリについてお話しさせて頂きます。
訪問でのリハビリというと、辛いとか厳しいというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、全くそんな事はありません!
皆様のペースで、病気や障害があっても、その人らしく生活出来るためのお手伝いをさせて頂きます!時には桜を見にお散歩したり、痛みを和らげるマッサージをさせて頂いたり、色々なアプローチにより皆様の生活をサポート致します。
ご興味のある方、ぜひお気軽にご相談ください!

看護について

看護師の清水です。

長年、看護師として働いてきました。

医療を提供する立場では医師と協働することが多かったのですが、医師と同じ立場で患者さんを看ていたのでは患者さんは息ができなくなてしまうのです。

看護師は患者側に立ち、患者さんのQOLを大切にし、看護を提供していくことが看護と思うようになりました。

人はそれぞれの人生を生きています。

病気になっても。

そんな時に寄り添える看護師でありたいと思っています。


本日は曇天なり

こんにちは!

新体制になり3ヶ月目に突入しました、新スタッフもあっという間に業務に慣れていただきまして。

早い段階での独り立ちし、業務も分散できるようになりました。

私も通常業務には慣れてきたのでプラスアルファ日々看護業務が円滑になるよう考える事。

ミーティングなども定期的に行い、社内での共有事項などもできる限りはツールを作成したりなど、新しいスタッフが増えても業務を覚えやすいような体制を目指していこうと思います。

用語や算定基準など、まだまだ勉強不足ではありますが着実に知識を増やしていきたいです。


春の陽気になりました。

3月になりました。

先週までは1度気温が緩んだかと思ったら、又冷え込みが続いたりと中々体がついていかずに、自律神経がやられ体調が悪かったり、頭痛や倦怠感などもちらほら見えました。

ただ、ようやく先週末からいよいよ日中は10度越えのオンパレード、春の季節になりました。

衣替えの準備もしつつ、夜は冷えるので多少アウターを用意し、春に備えたいと思います。